ノキア・ジャパン(ノキア、タイラー・マクギー社長)は12月8日、今年6月に発表した「Nokia E61」のスタンダード・バージョンを年内に出荷開始すると発表した。価格はオープン。直販サイト「ノキア・オンラインショップ」での価格は5万7540円。

 音声通話や無線LANを使ったIP電話機能を備え、電子メールの入力に便利なフルキーボードを採用。大型2.8インチのQVGAディスプレイ、4方向ジョイスティックも搭載する。通信方式は第三世代携帯電話の「W-CDMA」、欧州を中心に世界各国で採用されている「GSM」に対応する。

 使用するSIMカードの制限をかけない「SIMロックフリー」モデルで、通信方式に対応するSIMカードであれば国内・海外の携帯電話会社のサービスを利用できる。「GSM」は国内では利用されていないが、「W-CDMA」はNTTドコモとソフトバンクモバイルが採用しており、ノキアではソフトバンクのSIMカードでは端末での動作を確認済み。ドコモについては現在検証中としている。

 端末は、「BlackBerry Connect」や「インテリシンクモバイルスウィート」などの企業向けプッシュ型Eメール・ソリューション、「Exchange ActiveSync」、マイクロソフトの「Exchange Server」に対応。また、日本IBMの企業向けインスタントメッセージングツール「Lotus Sametime Mobile7.5」の搭載も可能で、ツールの利用時には外部から安全にネットワークにアクセスできる「LotusMobile Connect V6.1」も提供する予定。

 さらに、アバイアの「Avaya one-X Mobile Edition 4.1」やシスコの「ユニファイドコミュニケーションシステム」を使った高度な音声通話機能、標準のSIPサーバーとの連携によるIP電話機能なども提供する。