日立製作所は12月6日、セパレート型の個人向けデスクトップPC「Prius Air type R」シリーズで、17型液晶ディスプレイを採用した「AR13R1S」を12月16日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は16万円前後の見込み。

 日立製作所は12月6日、セパレート型の個人向けデスクトップPC「Prius Air type R」シリーズで、17型液晶ディスプレイを採用した「AR13R1S」を12月16日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は16万円前後の見込み。

 液晶ディスプレイ部とパソコン部分が分かれたセパレート型デスクトップPC。USBポートやメモリカードスロットなどを本体前面に配置し、使い勝手を高めたフロントアクセス設計が特徴。地上アナログテレビチューナーを内蔵し、独自のAVソフト「Prius Navistation4」を使ってテレビの視聴や録画ができる。

 テレビ機能では、インターネットやメールをしながらテレビが視聴できる「サイドTV機能」を搭載。「Prius Navistation4」で録画した番組を映像の動きと音声の変化量から解析し、重要なシーンのみを再生する「いいとこ観機能」も備える。

 CPUはCeleron D 351(3.20GHz)、HDDは160GB。メモリは標準で512MBを搭載し、最大2GBまで増設できる。デュアルチャネルにも対応。このほか、DVD±R2層書き込み対応DVDスーパーマルチドライブ、1000BASE-T対応の有線LANポートなどを搭載。OSは「Windows XP Home Edition」で、統合オフィスソフト「Office Personal Edition 2003」をプリインストールする。

 液晶ディスプレイは最大解像度1280×1024ドットの17型で、映りこみの少ないノングレアタイプ。PS/2接続の光学式マウスとキーボード、専用リモコンも付属する。また、次期Windows OS「Windows Vista」が動作する最低限のハードウェア環境を満たし、優待価格でWindows Vistaにアップグレードできる「日立Windows Vista アップグレードキャンペーン」の対象となる。