バイ・デザイン(飯塚克美社長)は12月6日、地上デジタルチューナーを内蔵した19型ハイビジョン対応液晶テレビ「LW-1904DHYTD」を12月15日に発売すると発表した。現在北米で展開している同社のセカンドブランド「tecHDisplay」の第2弾。価格はオープンで、実勢価格は7万円を切る見込み。ディスカウントストアのドン・キホーテで販売する。同社直販サイトでの発売は未定。

 バイ・デザイン(飯塚克美社長)は12月6日、地上デジタルチューナーを内蔵した19型ハイビジョン対応液晶テレビ「LW-1904DHYTD」を12月15日に発売すると発表した。現在北米で展開している同社のセカンドブランド「tecHDisplay」の第2弾。価格はオープンで、実勢価格は7万円を切る見込み。ディスカウントストアのドン・キホーテで販売する。同社直販サイトでの発売は未定。

 最大解像度が1440×900ドットのハイビジョン対応液晶パネルを採用。寝室や子ども部屋、書斎などでの使用を想定する。デジタルチューナーは地上デジタル放送のみに絞り、データ放送やネットワーク機能を省くことで、コストダウンを図った。

 液晶パネルの画面比率は16:10、コントラスト比は500:1、輝度は300cd/m2。地上アナログチューナーや2.5W+2.5Wのステレオスピーカーも内蔵する。入出力端子は、電子番組表(EPG)や5.1chデジタル音声出力が可能な光デジタル出力端子をはじめ、D4端子、PC入力端子などを装備。HDMI端子は搭載しない。本体は、スピーカーを下部に配置したアンダースピーカーデザインを採用した。カラーはプラネットシルバー。