電子書籍販売サイト「eBookJapan」を運営するイーブック イニシアティブ ジャパン(イーブック、鈴木雄介社長)は、電子書籍リーダーの最新版「ebi.BookReader3.5」の無料ダウンロード提供を12月5日から開始した。

 「ebi.BookReader」は、「eBookJapan」の電子書籍を読むための専用ソフト。最新版では、マイクロソフトの次期OS「Windows Vista」と、最新ブラウザ「Internet Explorer 7(IE7)」に正式に対応。また、これまで国内版と海外版の2つに分かれていたリーダーを「インターナショナル版」として1つに統合。利用環境に応じて、ソフト上の表示言語を日本語、英語、中国語(簡体字)の3言語に切り替えられるようになった。

 同社では、複数言語に対応した「インターナショナル版」を、9月から開始した海外での電子書籍販売を強化するための技術的なバックボーンと位置づけており、今後の販路拡大にともない、その他の言語も追加できるシステムを採用した。技術的には全世界200の国・地域の言語に対応できるという。

 このほか、マルチユーザー環境での使用に対応し、1台のPCを複数のユーザーが使用する場合でも、それぞれのユーザーが個別に電子書籍をダウンロードし、専用の書庫で各自が管理できるようになった。