エレコム(葉田順治)は、電池ボックス部分を回転させることができるワイヤレスレーザーマウス「M-D13URシリーズ」を12月中旬に発売すると発表した。カラーはシルバー、ブラック、レッドの3色で、価格は7875円。

 電池ボックス部分に回転できる可変ギミックを採用し、使用時には立体感のある形状、未使用時には平らで持ち運びやすいボックス型にカタチを変えることができる。ホイールに当たる部分には、ノートPCなどで使われている「タッチパネル」を搭載。ホイールを回す代わりに、指先で上下に触れることで、スクロール操作ができる。

 また、伝送距離が長く、混信が少ない「2.4GHz帯FH-SS方式」を採用。レシーバーから約10m離れたところからでも操作ができるという。読み取り方式は、マウスの動きを高精度で捉えるレーザー方式で、分解能は800カウント。サイドにはアプリケーションなどのコマンドを自由に割り当てることができる「コマンドボタン」も装備した。

 USBレシーバーは、本体内にスロットイン方式で収納可能。本体を平らにした時の大きさは幅55×奥行き84.9×高さ29.0mm、重さは54.7g。携帯に便利な専用の収納ポーチも付属する。対応OSはWindows XP/2000/Me/98SE/98。