東芝は11月29日、企業向けノートパソコン「dynabook(ダイナブック)」シリーズを刷新、インテルのデュアルコアCPUを搭載したモデルなどを投入し、12月中旬から順次発売すると発表した。

 ワイド液晶ディスプレイ搭載の2スピンドル・ビジネスノートPC「dynabook Satellite K16」「同K11」、3スピンドル・ビジネスノートPC「dynabook Satellite J61」、2スピンドル・モバイルノートPC「dynabook SS M36」をラインアップ。また「dynabook SS S30」で長時間駆動モデル「dynabook SS S30 106S/2W 長時間モデル」を追加した。

 「dynabook Satellite K16/K11」は、高品質設計と堅牢性が特徴で、15.4型ワイド液晶ディスプレイを搭載。CPUにはインテルのデュアルコアCPU「Core 2 Duo」モデルを投入する。

 「dynabook Satellite J61」は、ディスプレイに15型液晶を採用。FDD、シリアル・PS/2コネクタなど、従来の記録媒体や周辺機器にも対応できるインターフェースを搭載する。機種は用途に合わせた幅広いバリエーションを揃えた。

 「dynabook SS M36」では、CPUに「Core 2 Duo」搭載モデルを用意したほか、最大約13.5時間の駆動が可能で、メモリカードスロットやIEEE1394ポートなどの拡張性を備えた「dynabook SS S30 106S/2W 長時間モデル」も発売する。

 いずれの機種もパスワードや暗号鍵を厳重に管理するTPMセキュリティチップを標準装備したほか、HDDの全領域を暗号化できるソフトをインストール。また、「dynabook Satellite K16/K11」「dynabook SS S30」についてはドイツの認証機関「TUV Rheinland Group(テュフラインランドグループ)」で、「70cm落下テスト」や「100cc浸水テスト」を行い、堅牢性を確認した。

 価格は「dynabook Satellite K16」がCPUにCore 2 Duo T5500(1.66GHz)を搭載し、HDDが40GB、メモリ512MBの「PSK161REWN8EKW」で20万2650円から。「dynabook Satellite K11」はCPUがCeleron M 430(1.73GHz)、HDDが40GB、メモリ512MBの「PSK111JCWN8EKW」が17万4300円。

 一方、「dynabook Satellite J61」はCPUがCeleron M 430(1.73GHz)、HDD40GB、メモリ512MB、ディスプレイは15型XGA液晶の「PSJ611JC5N8EKW」で17万6400円から。「dynabook SS M36」ではCPUがCeleron M 430(1.73GHz)、40GBのHDD、512MBの「PPM361JCPNAUK」で16万8000円から。「dynabook SS S30 106S/2W 長時間モデル」はCPUがCore Solo 超低電圧版 U1300(1.06GHz)、HDD40GB、メモリ512MBの「PPS301C2PN6UK」で26万7750円から。