サンコーは11月24日、金塊の形を模したUSBハブ「金塊ハブ」を発表し、同日から予約販売の受け付けを開始した。価格は5980円で、出荷開始は12月上旬の予定。

 ボディを金色で塗装し、製品名の通り金塊をイメージしたUSB2.0ハブ。重量は2.35kgもあり、自重で接触面に密着するため、机に置いたまま片手でUSBコネクタの抜き差しが可能。

 ポートはUSBバスパワー用の1ポートと、ダウンストリーム用の7個の、計8個のUSBポートを装備。電源は付属のACアダプタを利用し、バスパワー/セルフパワーの両モードに対応する。本体サイズは約196×73×49mm。対応OSはWindows XP、2000とMac OS X。