NECは11月24日、PC用のウェブサイトを効率的に閲覧できる携帯電話用のブラウザを開発したと発表した。携帯電話の画面上にサイトの縮小イメージとサイト内の情報をブロックごとでタイトル文字を表示。ユーザーが閲覧したいブロックを選択することで、該当部分の詳細な情報にすばやくアクセスできる。

 「レイアウト解析エンジン」と呼ぶウェブの記述言語構造とタイトルの位置関係、サイズ、色などの特徴などを解析し、人間の直感に合ったブロック構造の抽出を行うソフトを使うことで表示を可能にした。また、ブラウザをダウンロードして使用する形態を取るため、携帯電話の機種に関係なく利用できる。

 NECでは従来の携帯電話用ブラウザと比べ、目的の情報まで辿り着くための操作数が15分の1、パケット通信量は約60%低減できることを確認した。また、新ブラウザは、PC用ホームページを閲覧可能な形に自動的に変換するため、コンテンツ開発会社が携帯電話用サイトを開発することが不要になり、開発やメンテナンスのコストを3分の1まで削減できるという。

 開発した技術は携帯電話だけではなく、テレビなどPC以外のさまざまな端末にも応用可能としており、NECでは早期の実用化を目指す。