シグマA・P・Oシステム販売(菅野高吉代表取締役)は、光学式ホイール付ハンディタイプトラックボールマウス「ごろ寝 リターンズ(SGM2シリーズ)」を11月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は3480円前後の見込み。

 片手で握って操作が可能なグリップホールド型の小型トラックボール。光学式検出方式センサーを採用し、滑らかで正確なトラッキングとメンテナンスフリーを実現した。センサーボールを支える3つの極少スチールボールが回転するため、ボールに適度な摩擦を与えながらもスムーズな操作が可能。従来のエンコーダー回転軸をなくすことで、ノイズのない滑らかな回転を実現した。

 左だけでなく右クリックにも対応した「シーソートリガースイッチ」を採用し、従来機種では不可能だった片手でのトリガーとボールでのドラッグ動作にも対応する。分解能は400/800dpiに切り替えが可能で、繊細な作業では400dpiを使用、大画面操作時では800dpiに変更するなどシーンに合った使い分けができる。切り替えは、センタークリックと右クリックを同時に押すだけで行える。また、3点倒立デザインを採用することで、机上でも使用できるようにした。

 対応OSは、Windows XP/2000/Me、Mac OS X 10.2以降。本体カラーはホワイト、ブラック、シルバー、ガンメタリックの4色。

 このほか、架空の空想特撮を想定したデザインを商品パッケージに採用し、パッケージの謎をウェブページで明かすなど、キャラクター性を高めた独自製品として販売することで、ウェブ世代の反響を狙う。