コーレル(下村慶一社長)は11月24日、圧縮/解凍ソフトの最新版「WinZip 10.0 日本語版」のダウンロード販売を開始したと発表した。

 最新版では、新しい圧縮技術を採用することで、今までよりさらに容量の小さいファイルの作成が可能となった。また、新たなエクスプローラスタイルの表示で、解凍・再圧縮を行うことなくZIPファイルのままファイルの追加や削除が可能で、数個のフォルダで構成される複雑なZIPファイルの作業も容易に行うことができる。

 さらに、プロフェッショナル版では、「タスクの自動化」「タスクのスケジュール管理」「FTPへのアップロード機能」「CD/DVDへの書き込み機能」を搭載した。対応OSはWindows XP、2000、Me、98。Windows Vistaへの対応については同社のホームページで告知する。

 価格は、「WinZip 10.0 日本語版 プロフェッショナル版」の通常版が7875円、アップグレード版が3938円。「WinZip 10.0 日本語版 スタンダード版」の通常版が4725円、アップグレード版が2363円。

 なお、11月14日に発表された「WinZip 10.0 英語版」のセキュリティホールの脆弱性の問題は、日本語版では開発段階で解決しているという。英語版についても、問題を修整したプログラムをすでに公開している。