プリンストンテクノロジーは、ケーブル一体型のパソコン切替器「PKV-CPUA」「PKV-CUUA」を12月上旬に発売する。価格はともにオープンで、実勢価格は、PS/2キーボード対応の「PKV-CPUA」が5680円、WindowsとMacの混在環境でも使える「PKV-CUUA」が5980円前後の見込み。

 いずれも一組のキーボード、マウス、ディスプレイで2台のパソコンを切り替えて使うことができる。スピーカーの共有も可能で、オーディオ単独での切り替えも行える。本体は取り回しが便利なケーブル一体型で、パソコンや机などに装着できるよう、背面に強力マグネットを付けた。

 「PKV-CPUA」はPS/2キーボードとUSBマウスに対応。電源はPS/2ポートから供給するため、外部電源は不要。一方、「PKV-CUUA」はUSBマウスとUSBキーボードに対応し、USBポートから給電する。ディスプレイはどちらもミニD-Sub15ピンコネクタで接続し、最大2048×1536ピクセル(リフレッシュレート85Hz)まで表示可能。

 対応OSは「PKV-CPUA」はWindows XP、2000、Me、98SE、「PKV-CUUA」はWindows XP、2000、Me、98SEとMac OS 9.1-9.2.2、Mac OS X 10.1.3-10.4.x。それぞれサポート対象外だが、Linuxにも対応する。