マイクロソフト(MS)は11月21日、次期Windows OS「Windows Vista」日本語版へのアップグレードを支援する企業向けキャンペーン「Windows Vista Enterprise アップグレードキャンペーン」を07年1月1日から開始すると発表した。

 マイクロソフト(MS)は11月21日、次期Windows OS「Windows Vista」日本語版へのアップグレードを支援する企業向けキャンペーン「Windows Vista Enterprise アップグレードキャンペーン」を07年1月1日から開始すると発表した。

 個人ユーザー向けには、現在「今なら、どちらも安心アップグレードプログラム」と名づけたアップグレード支援プログラムを実施しており、今回発表した企業向けキャンペーンとあわせて、個人から企業まで幅広いユーザー層に対して「Windows Vista」導入を推進していくとしている。

 「Windows Vista Enterprise アップグレードキャンペーン」の対象となるのは、06年10月1日から07年3月末日までに「Windows XP Professional」を搭載したPCを購入した企業。PCの所有台数が250台未満の企業を対象としたボリュームライセンスプログラム「Microsoft Open License」または「Microsoft Open Value」において、07年1月1日?07年3月末日までの期間限定で、「Windows Vista Enterprise」へのアップグレード権を含む、ソフトウェアアシュアランス(ソフトウェアの計画立案から導入・活用・運用、次のバージョンへの移行まで支援するメンテナンスプログラム)を、33%程度割引した優待価格で提供する。

 なお、「Microsoft Open License」では3年間契約のみキャンペーンの対象となる。また、アカデミック・政府機関向けは対象外となる。

 「Windows Vista Enterprise」は、企業向け標準エディション「Windows Vista Business」の全機能に加え、高レベルのデータ保護機能「Windows BitLocker Drive Encryption 」、UNIXアプリケーションをWindows Vista搭載PC上で稼働できるSUA(Subsystem for Unix-based Applications)などを搭載した企業向け最上位エディション。ソフトウェアアシュアランスを有する場合のみ導入できる。