ジョルダン(佐藤俊和社長)は、路線検索ソフトの最新版「乗換案内 2006年12月(ver.4.39)」を12月1日に発売すると発表した。

 ジョルダン(佐藤俊和社長)は、路線検索ソフトの最新版「乗換案内 2006年12月(ver.4.39)」を12月1日に発売すると発表した。

 新バージョンでは、東京メトロ丸ノ内線、JR西日本(岡山支社)、京浜急行電鉄・京成電鉄・新京成電鉄の冬のダイヤ改正や、大阪市営地下鉄今里筋線開業などに対応した。発売日以降に改正した時刻表でも、インターネット経由で更新できる。

 ハイブリッド版の価格は、次バージョンを発売するまでサポートを継続する「乗換案内 特別優待バージョンアップ(2006/12)」が4200円、ユーザー登録後1年間サポートを継続する「乗換案内+1年サポート(2006/12)」が1万500円。対応OSはWindows、Mac OS、Windows CE、シャープ製PDA「ザウルス」。

 一方、MacOS X 専用の「乗換案内MacX(2006/12)」では、ハイブリッド版のバージョンアップ内容に加え、駅構内図と出口情報の閲覧がしやすくなる連動機能を搭載した。さらに、検索結果や列車、バス、航路の時刻表に加え、空路時刻表もiPodへ転送することができる。サポートは次バージョンを発売するまでで、価格は3885円。

 また同社では、「乗換案内MacX」の発売1周年を記念して、3製品いずれかのソフト購入者を対象に「お年玉キャンペーン」を実施。封入されているユーザー登録ハガキを返送すると抽選でキヤノンのデジタルカメラ「IXY DIGITAL 900IS」やアップルの「iPod shuffle」などが当たる。期間は、12月1日から07年1月31日まで。