ツタヤオンライン(服部達也社長)は11月20日、携帯電話向け電子書籍サイト「デジタルTSUTAYA BOOKS」をNTTドコモの「iモード」公式サイトとして同日にオープンしたと発表した。対応機種はFOMA 90X以上、70X以上。今後は、au(KDDI)の「EZweb」やソフトバンクの「Yahoo!ケータイ」にも順次展開していく予定。

 ツタヤオンライン(服部達也社長)は11月20日、携帯電話向け電子書籍サイト「デジタルTSUTAYA BOOKS」をNTTドコモの「iモード」公式サイトとして同日にオープンしたと発表した。対応機種はFOMA 90X以上、70X以上。今後は、au(KDDI)の「EZweb」やソフトバンクの「Yahoo!ケータイ」にも順次展開していく予定。

 コミックや小説、写真集、実用書など、幅広いジャンルのコンテンツ計1000タイトルを取り揃えた。取り扱いタイトル数は、コミックが約350タイトル(約3000話)、小説・文芸などのテキストコンテンツが約500タイトル(約600話)、グラビアや写真集が約150タイトル。今後は映画化やドラマ化された人気作、話題作を中心に、ラインアップを拡充する。

 料金はポイント制で、会員登録による月額課金と、追加購入により獲得したポイントで1冊もしくは1話ずつ購入できる。月額利用料金は315円(330ポイント)、525円(550ポイント)、1050円(1100ポイント)の3コースで併用も可能。ポイントの追加購入による従量課金は、525円(500ポイント)、1050円(1000ポイント)の2種類。

 購入単価は小説・文芸が1冊100-700ポイント、コミックが1話30-50ポイント、写真集・グラビアが1冊200-700ポイント。残ったポイントは翌月以降に繰り越すことが可能で、購入後1年間有効。いずれもパケット代は別途。

 このほかサイトでは、お試し版の配信や前週のダウンロードランキングなどを公開。読んだ書籍の履歴や、現在のポイント残高、ポイントの利用履歴を画面上で確認できる機能も搭載する。