バンダイは11月20日、大人を対象としたブロック玩具「メガブロックガンダムシリーズ」を発売すると発表した。第1弾「RX-78-2 ガンダム」「MS-06S ザクII」2製品を11月22日に発売し、07年3月末までにシリーズ合計5万個の販売を計画している。

 バンダイは11月20日、大人を対象としたブロック玩具「メガブロックガンダムシリーズ」を発売すると発表した。第1弾「RX-78-2 ガンダム」「MS-06S ザクII」2製品を11月22日に発売し、07年3月末までにシリーズ合計5万個の販売を計画している。

 「メガブロック ガンダムシリーズ」は、マキシサイズより小さい「マイクロサイズ」で展開。「RX-78-2 ガンダム」「MS-06S ザクII」では、アニメ設定の約60分の1スケールで再現した。頭部や排気ダクトなど、一部パーツを除いてほとんどを基本ブロックで組み立てることができる。全高は約30cm。


 ブロックは規格が同一ならば互換性があるため、パーツを組み替えて装備や形状をアレンジしたり、他商品のパーツを使ってカスタマイズすることもできる。「ガンダム」にはアムロ、「ザクII」にはシャアのミニフィギュアも付属する。フィギュアはそれぞれヘルメットの着脱が可能。

 価格は「RX-78-2 ガンダム」「MS-06S ザクII」ともに8925円。全国の玩具専門店、雑貨店、百貨店、量販店の玩具売場などで販売する。ターゲットは20-40代の男性、対象年齢は15歳以上。

 同社は世界第2位のブロックメーカー、メガブロック社(カナダ)と提携し、「それいけ!アンパンマン(マキシサイズ)」や「ポケットモンスター(マイクロサイズ)」などのアニメや、メガブロックオリジナルキャラクター「Dragons(マイクロサイズ)」などのブロックシリーズを、これまで幼児や小学生向けに販売してきた。今回のガンダムシリーズの追加で、子どもから大人向けまでラインアップを拡充する。