ソースネクスト(松田憲幸代表取締役社長)は11月17日、東京証券取引所・マザーズ市場への上場が承認されたと発表した。上場予定日は12月20日で銘柄名は「ソースネクスト」。略称は「M-ソースネクス」、証券コードは「4344」、業種分類は「情報・通信業」で主幹事証券会社は野村證券。

 現在予定されている売り出しの概要は、公募が5000株、引受人の買取引受による売り出し2000株、オーバーアロットメントによる売り出し1050株。公開価格はブックビルディング方式で決定する。仮条件決定日が12月1日。ブックビルディング期間は12月4日-12月8日で、12月11日に公開価格を決定する。申込期間は12月12日から15日まで。

 同社は02年2月、ナスダックジャパン市場に上場する予定だった。しかし、公開予定日18日の前営業日にあたる15日になって主幹事証券会社から推薦書が取り下げられたという理由で大阪証券取引所によって上場承認を取り消され、一度辛酸をなめている。今回はこうした経験を踏まえ、同社にとって2度目の上場チャレンジとなる。