アロシステム(大野三規代表取締役)は、インテルのクアッドコアCPU「Core 2 Extreme QX6700(2.66GHz)」を搭載したBTO対応デスクトップPC「Amphis(アンフィス)」シリーズ3機種を発売した。

 ラインアップは、スタンダードモデル「Amphis MT723QX」、DirectX10対応のグラフィックカードを搭載したゲーム対応モデル「Amphis MT727QX」、Blu-rayドライブ(BDドライブ)やHDMI端子を装備した最上位モデル「Amphis MT728QX-BD」の3モデル。OSは3モデルとも「Windows XP Media Center Edition 2005」をプリインストールし、「Windows Vista Home Premium」へのアップグレードチケットを付属する。

 「MT723QX」は、インテル P965 Expressチップセットを搭載。価格は、グラフィックカードが「GeForce 7900 GS 256MB」で、2GBメモリ、320GB HDD 、DVDスーパーマルチドライブを搭載した最小構成で29万9980円。

 「MT727QX」と「MT728QX-BD」は、チップセットにインテル 975X Expressチップセットを搭載。価格は、「MT727QX」が「GeForce 8800 GTS 640MB」のほか、2GBメモリ、500GB HDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載した最小構成で39万9980円、「MT728QX-BD」は、「GeForce 7600 GT 256MB」、4GBメモリ、1TB HDD、BDドライブを搭載した最小構成で49万9980円。