インテル(吉田和正/ロビー・スウィヌン共同社長)は11月15日、4つのコアを持つクアッドコアCPU「インテル Xeon 5300番台」と「インテル Core 2 Extreme」製品群を発表し、同日から出荷を開始した。

 クアッドコアCPUは、1つのプロセッサ内にコンピュータの頭脳であるコアを4つ搭載したCPU。デスクトップPC向けでは「Core 2 Extreme」が初の製品化となる。

 「クアッドコア Xeon 5300番台」は、各種ベンチマークテストで記録を更新したサーバー/ワークステーション向けCPU。動作周波数は1.60GHz-2.66GHz、フロントサイド・バス(FSB)の動作周波数は1066MHz-1333MHz。新CPUを搭載したサーバー/ワークステーションは各PCメーカーから06年中に発表される予定。従来の「デュアルコア Xeon 5100番台」と同じ熱設計枠内、同等のコストで最大50%パフォーマンスを向上できるという。

 「Core 2 Extreme QX6700」は、クアッドコアのデスクトップPC向けCPU。既存の「Core 2 Extreme X6800」より最大80%高速化した。動作周波数は2.66GHz、システム・バスは1066MHzで、インテル製の975X Expressチップセットと組み合わせて利用する。価格は、1000個受注時で1個当たり12万60円。

 インテルでは、07年第1四半期には、低電圧版やシングルソケット用に設計した製品など、クアッドコアの「Xeon」を新たに2製品発売する予定。さらに「Core 2 Quad」のブランド名で、普及価格帯向けクアッドコアCPUも投入する計画。