日本ビクターは11月14日、1920×1080画素のフルハイビジョン(フルHD)に対応したホームシアター用液晶プロジェクター「DLA-HD1」を07年1月下旬に発売すると発表した。価格は79万8000円。

 独自の微細化技術を使った小型0.7インチのフルハイビジョン表示装置「D-ILA」3個を搭載。新開発の光学エンジン「WireGrid」組み合わせることで、アイリス(絞り)機構なしのネイティブコントラストとして業界最高のコントラスト比15000:1を実現した。

 「D-ILA」はリアプロジェクション用の反射型液晶装置。半導体とガラスの間に液晶を封入し、入力信号に合わせて電圧を加えることで液晶を変化させ映像を表示する。ビクターでは、装置の画素間を平坦化し配向の乱れを抑えたほか、新しい液晶素材や配向技術を採用することで、液晶からの反射光の散乱や回折などを大幅に低減。投写レンズへの光漏れを防ぎ、黒色の再現性を高めた。

 レンズには、2倍ズームに対応したフジノン製の大口径13群16枚のガラスレンズを搭載。上下80%、左右34%のレンズシフト機能も装備した。画像処理回路にはジェナム社(カナダ)のビデオプロセッサー「GF9351」を採用、輪郭補正技術やノイズ低減機能などを盛り込むことでフルHDの高画質表示を可能にした。投影サイズは60-200インチ。

 入力端子はHDMI端子2系統をはじめ、コンポーネント端子、S端子、コンポジット端子を各1系統を装備する。サイズは幅455×高さ172.5×奥行き418.5mm、重さは11.6kg。