KLab(真田哲弥社長)は、公共料金の請求書などで使用する特殊バーコード「EAN-128」を解読できる携帯電話用のバーコード解析技術を開発、ライセンス提供を開始したと発表した。

 公共料金の請求書などで用いられるバーコード「EAN-128」は多くの情報量を格納できる反面、画素数が足りない・解析に時間がかかるなどの理由から、携帯電話カメラでの読み取りは不可能とされていた。

 今回、KLabでは、撮影画像のボケ・かすれ、カメラレンズの歪みを認識するアルゴリズムで、バーコード上の線の輝度差を補正する解析技術を開発。バーコードを高い認識率を読み取れるようにした。

 新技術を携帯電話用のプログラミング言語「Java」や携帯電話向けプラットフォーム「BREW」に組み込むことで、公共料金などを携帯電話から支払いが可能になる。現在、解析技術はNTTドコモの携帯電話用Javaに対応しており、今後は、au(KDDI)のBrewやソフトバンクモバイルのJavaにも順次対応していく予定。