マックス(三井田孝嗣社長)は11月13日、目標物にレーザーを当てて瞬時に距離を測る「マックス レーザー距離計」で、普及タイプの「LS-311」を発売した。価格は3万4650円。

 05年に発売した多機能モデル「LS-711」とスタンダードモデル「LS-411」に続く新製品。「距離の測定」と「面積・容積の算出」の基本機能に絞ることで、簡単な操作と低価格を実現した。

 照明設置などの等間隔を繰り返し測定する作業に便利な「ピッチ測定」機能を搭載。設定した距離とその倍数の±100mm地点から「ピ・ピ・ピ」と音が鳴り出し、±1mm地点で音が変化するため、測定ポイントを音で認知することができる。

 本体には暗所でも見やすいバックライト付ディスプレイ、測定した寸法を加算・減算できる機能や面積・容積計算機能、巻き尺のような測定ができる連続測定機能を搭載した。

 レーザー距離計は、従来、巻き尺などを使って2人がかりで行っていた高さや距離の測定が1人でも短時間で正確にできることから、建築・土木分野で活用されている。距離測定以外にも、計算機能を使って内装・外壁塗装、屋根面積の測定など簡易に見積もりが作成でき、無駄のない部材発注を行うことができる。

 また、人が入って行けない狭い所や足場の悪い所、離れた場所の測定ができるという特性を生かして、警察署や消防署が現場検証、災害の被害調査に使用するなど、用途の広がりを見せている。

 同社では、今回の「LS-311」をレーザー距離計市場の裾野を広げる普及商品と位置づけ、事務機関連の販路も利用しながら、従来の建築中心の市場から測量、設備・電設関連、官公庁・工場などにも市場を拡大していく。