ミニピーシードットジェイピー(minipc.jp)は11月13日、3.5インチHDDを2台まで内蔵可能な小型静音PC「LS800」シリーズと、DVIポートを標準搭載した「LF800A」シリーズを発売した。

 「LS800」「LF800A」は、幅210×奥行き220×高さ115mmの小型サイズのデスクトップPC。回転数を変更可能な冷却ファンを搭載し、静音駆動が可能。ベアボーンモデルのほか、CPUやメモリなどをカスタマイズできるBTOモデルを販売する。

 「LS800」は、安価な3.5インチHDDを搭載可能な小型静音PC「LF870」の後継機種で、3.5インチHDDを2台まで内蔵できるのが特徴。冷却ファンの位置を上部から側面に変更し、従来の「LF800」シリーズより本体を大きくすることなく、増設HDD用のスペースを確保した。ファンを側面に配置したため、製品上面がフラットになり、上に小物などを置くこともできる。

 従来通り、PCI-Express(×16)スロットやmini-PCIスロットを搭載し、ビデオカードやSATAカードなどを増設可能。オプションで無線LANやスリムドライブベイなどを内蔵することもできる。

 一方、「LF800A」は、液晶ディスプレイなどとデジタル接続できるDVIポートを標準搭載した「LF800」シリーズの低価格モデル。DVI to D-Subコネクタを添付し、従来のアナログRGBディスプレイにも対応する。PCI-Expressスロットは従来の×16から×1に、Mini-PCIスロットは2スロットから1スロットに変更した。

 2機種ともに、CPUにはインテルのデュアルコアCPU「Core 2 Duo」をはじめ、「Core Duo」「Core Solo」全モデルとCeleron 450/440/430/410を搭載可能。価格はすべてオープンで、ダイレクト価格は、「LS800」のベアボーンモデルが7万1400円、「LF800A」が同6万900円。

 「LF800A」をベースにCPUに「Core 2 Duo T7200」、メモリ1GB、250GB HDDを搭載した「LF872Aリミティッド」も100台限定で同時発売する。価格は12万6000円。OSは別売りだが、オプションでプリインストールも可能。