三洋電機は11月10日、ICレコーダー「DIPLY TALK(ディプリトーク)」シリーズの新モデルで、CD音質で録音できる「ICR-S280RM」と、ステレオで最大36時間録音可能な「ICR-B181M」を11月21日に発売すると発表した。

 両機種ともにUSBフラッシュメモリ機能を装備し、「ICR-S280RM」は1GB、「ICR-B181M」は512MBのメモリを内蔵。外付けのUSBメモリとしても利用できる。価格はオープンで、実勢価格は「ICR-S280RM」が2万9800円前後、「ICR-B181M」が1万4800円前後の見込み。

 「ICR-S280RM」は、録音フォーマットに音楽CDと同じ「リニアPCM形式」を採用し、高音質を追求したモデル。著作権保護のデータ形式「DRM10-WMA」にも対応。PCでの利便性も考慮し「MP3形式」でも録音・再生ができる。

 厚さ13mmのきょう体に、机上録音時のノイズを低減し集音性を高めるチルトアップ式マイクを採用。内蔵マイクは「L/センター/R」の3つで、録音状況に合わせて切り替えて使用できる。高音質と省電力を両立するLSI「DIPLYエンジン」を搭載し、長時間の電池駆動が可能。約1000回繰り返し充電できる充電池「eneloop(エネループ)」も付属する。「eneloop」は、本体に入れてPCとUSB接続すれば充電もできる。

 このほか、USBダイレクト接続とUSB2.0高速転送、外部機器の高音質ダビングを可能にする「マイク/ライン入力切換」機能、簡単に早聞き・遅聞きができる「再生スピード調節」機能、「5秒前リピート再生」機能、頭出しができる「インデックス」機能なども備えた。

 「ICR-B181M」は、録音フォーマットに「MP3形式」を採用し、ステレオで最大約36時間、モノラルで最大約72時間の長時間録音ができる。最大約250曲を収録が行える。音楽ファイルは「MP3」「WMA」の再生が可能。

 タイピン型ステレオマイク&ステレオイヤホンが付属し、ポケットに入れたままでも録音できる。重さは世界最軽量の約42g、大きさは厚さ13mm。単4電池1本で録音約17時間30分、再生約20時間の長時間電池駆動が可能。