ロジクール(青柳マテウ社長)は、USB2.0対応の130万画素ウェブカメラ「Qcam Orbit MP(QVR-13R)」を11月24日に発売する。価格はオープン。同社の直販サイト「ロジクールオンラインストア」価格は1万4800円。

 有効画素130万画素のCMOSセンサーを搭載し、薄暗い照明下で光を補正する新技術「RightLight 2テクノロジー」を採用。背景やサイドからの光が強すぎる場合など、不均一な照明環境でも映像を調節して画質を向上させることも可能。同社が06年3月に発売した「QVR-13R」に搭載した「RightLightテクノロジー」を改良したもの。

 CCD部がサーボモーターで上下左右に動き、縦で102度、横で189度の視野角の撮影ができる。また、付属ソフト「Qcam Software 10」の「フェイストラッキング機能」を使えば、メカニカルパン&ティルトやデジタルズームによって顔の追尾、ズームアップを行い、常に人の顔が中心に来るよう自動的に調整する。

 このほか、「RightSoundテクノロジー」と「アコースティックエコーキャンセル機能」を搭載した内蔵マイクを装備しており、ヘッドセットがなくても快適なビデオ通信が行える。

 本体サイズは幅84×奥行き84×高さ111mmで、スタンド込みでは幅84×奥行き84×高さ320mm、重さは380-400g。対応OSはWindows XP、2000。