三洋電機は、フラッシュメモリを内蔵したポータブルタイプのカーナビゲーションシステム「Mini GORILLA(ミニゴリラ)」2機種を11月20日に発売すると発表した。価格は、「ワンセグ」チューナーを内蔵した「NV-SD10DT」が9万1350円、チューナーなしの「NV-M10」は7万8750円。

 三洋電機は、フラッシュメモリを内蔵したポータブルタイプのカーナビゲーションシステム「Mini GORILLA(ミニゴリラ)」2機種を11月20日に発売すると発表した。価格は、「ワンセグ」チューナーを内蔵した「NV-SD10DT」が9万1350円、チューナーなしの「NV-M10」は7万8750円。

 2機種ともに地図などのデータを1GBのフラッシュメモリに収録。記録媒体にフラッシュメモリを採用することで駆動部分をなくし、幅41×高さ83×奥行き25mmの手のひらサイズを実現した。重さは「NV-SD10DT」が290g、「NV-M10」は280g。

 ディスプレイは携帯電話よりも大きい4.5V型ワイドTFTカラー液晶を装備。交差点や高速道路の入り口などに近づくと地図を拡大して表示する。約150万件の住所録、約200万件のジャンルデータも収録した。そのほか、急な加減速や長時間のアイドリングなどをチャイムとポップアップ画面で知らせる「エコドライブ情報II」、ユーザーが3-8桁の暗証番号を設定して個人情報を保護する「セキュリティコード」といった機能を盛り込んだ。

 電源は付属のカーシガーライター接続ケーブル車から供給。ワンセグチューナー内蔵の「NV-SD10DT」は、別売りのACアダプターや単3形電池4本を使った専用電池ケースにも対応しており、部屋や屋外でワンセグ放送を視聴することもできる。