東ハト(飯島幹雄社長)は11月10日、「暴大入試」を実施すると発表した。日程は11月15日から12月24日までで、試験は「暴君ハバネロ非・公式エンターテイメントサイト」の「暴君ハバネロ特区」で実施する。

 東ハト(飯島幹雄社長)は11月10日、「暴大入試」を実施すると発表した。日程は11月15日から12月24日までで、試験は「暴君ハバネロ非・公式エンターテイメントサイト」の「暴君ハバネロ特区」で実施する。

 知恵と工夫と根性を駆使して見事理不尽な暴君の要求に応え合格ラインを超えると、暴君からご褒美の品が贈られ、幻の暴大校歌が聴ける。試験問題は、「牛が5000頭、馬が5000頭、合わせて何頭?答えの数だけクリックせよ」といった難問、珍問、拷問の連続という。

 同社では「知力と体力を駆使して、何度も浪人してチャレンジすれば」合格できるかもしれないとしている。なお、「高得点をあげるための裏ワザ」の存在も匂わせており、物議を醸しそうだ。

 同社が販売するウマ辛スナック「暴君ハバネロ」の世界に存在する架空の大学「暴大」の入試問題にみたてたクイズにチャレンジするWEB企画で、新商品「暴君ハバネロ・炎のチップス」「暴君ハバネロ ?ガーナ秘境篇?」を13日に発売するのを記念して実施する。