東芝は11月9日、携帯機器向け地上デジタル放送「ワンセグ」を視聴・録画可能な携帯オーディオ「gigabeat(ギガビート)Vシリーズ」の新製品2機種5モデルを11月22日から順次発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は、HDD容量が60GBの「V60E」が5万9800円前後、30GBの「V30E」は4万9800円前後の見込み。

 2機種ともに3.5型QVGAのTFTカラー液晶を搭載したほか、本体に「ワンセグボタン」を装備。音楽や動画などを再生中でもボタンを押すだけで、ワンセグに切り替えて視聴することが可能で、視聴中の一時停止や拡大表示、明るさの変更にも対応するなど、ワンセグ機能を充実させた。

 内蔵HDDに、「V60E」は約290時間のワンセグ番組の録画、約996時間の音楽の録音が可能。「V30E」ではワンセグで140時間、音楽で約498時間、保存できる。ワンセグの録画は200番組まで、予約録画は1週間先まで最大16件が可能。同じ時間帯で毎日、毎週予約する機能やワンセグの電子番組ガイドから予約する機能も搭載した。タイマー予約設定後にワンセグの視聴や録画、音楽や動画などの再生もできる。

 再生可能な音楽ファイルはWMA、WMA 9 Lossless、MP3、WAV、動画ファイルはWMV、静止画ファイルはJPEG。データの転送は「Windows Media Player 10」を使って行い、デジタル著作権管理技術「Windows Media DRM」にも対応する。

 電源は内蔵リチウムイオン充電池またはACアダプター。充電池の場合には、ワンセグ視聴が約7時間、動画再生は約9時間、音楽再生で約27時間の連続使用ができる。

 本体サイズは「V60E」が幅124×高さ75×奥行き22.5mm、重さは245g。「V30E」は幅124mm×高さ75mm×奥行き19.5mm、重さが230g。本体カラーは「V60E」がマットブラック、ピュアホワイト、「V30E」はマットブラック、ピュアホワイト、クリムゾンレッド。