シャープは11月9日、フラッシュメモリとminiSDカードスロットを搭載したカードタイプの携帯オーディオ「MP-E300」「MP-E200」を11月24日から順次発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は1GBのメモリを内蔵した「MP-E300」が2万1000円前後、512MBの「MP-E200」は1万6000円前後の見込み。

 シャープは11月9日、フラッシュメモリとminiSDカードスロットを搭載したカードタイプの携帯オーディオ「MP-E300」「MP-E200」を11月24日から順次発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は1GBのメモリを内蔵した「MP-E300」が2万1000円前後、512MBの「MP-E200」は1万6000円前後の見込み。


 内蔵メモリに「MP-E300」は最大20時間、「MP-E200」では最大10時間の録音ができる。miniSDカードに録音することも可能で、内蔵メモリからminiSDカードに録音したデータを移すこともできる。

 再生可能な音楽ファイルは「WMA」「MP3」と、新たに対応した「AAC」。デジタル著作権管理技術「Windows Media DRM10」にも対応しており、10月3日からサービスを開始したナップスタージャパンの定額制音楽配信サービス「Napster To Go」の対応認定も取得した。

 ディスプレイには有機ELを採用。カーオーディオやラジカセに音楽をワイヤレスで送信できる「FMトランスミッター機能」、付属の専用ケーブルでMDプレーヤーやCDプレーヤーから直接録音できる「ダイレクト録音機能」、ボイスレコーダー機能、FMラジオの受信・録音機能なども盛り込んだ。

 電源は内蔵のリチウムポリマー充電池を使用し、最大24時間の連続再生が可能。サイズは、内蔵メモリとminiSDカードスロットを搭載した機種では業界最薄となる幅49×奥行き87.6×厚さ7.9mm、重さは約62g。パソコンに音楽CDをセットしてUSBで接続すると、自動的に音楽データを転送するソフト「音楽CDデータ転送ソフト」が付属する。カラーは2モデルともに、シルバー、ブラック、カッパーの3色。