アップルコンピュータ(アップル)は11月8日、インテルのデュアルコアCPU「Core 2 Duo」を搭載した個人向けノート「MacBook」を発売した。

 アップルコンピュータ(アップル)は11月8日、インテルのデュアルコアCPU「Core 2 Duo」を搭載した個人向けノート「MacBook」を発売した。

 「MacBook」は13.3インチのワイド液晶ディスプレイを搭載したノート。厚さは1インチと薄型で、本体にはビデオカメラを内蔵。写真管理やビデオ作成などのソフトをまとめた独自の統合アプリケーション「iLife‘06」が付属する。

 新しいMacBookでは、CPUの強化を中心に、基本性能を高めた。処理スピードは、CPUにCore Duoを搭載した従来の「MacBook」よりも最大で25%高速化。インテル製CPUを搭載する以前の「iBook」と比べると最大6倍も速くなったという。

 カラーは従来通り、ホワイトとブラックの2色を用意。ホワイトモデルは、CPUの違いで2モデルを販売する。CPUは、ホワイトモデルが「Core 2 Duo 1.83GHz」または「同2.0GHz」、ブラックモデルは「Core 2 Duo 2.0GHz」。

 2.0GHzモデルでは、メモリ容量を512MBから1GBに倍増し、HDD容量もホワイトモデルは80GB、ブラックモデルでは120GBと、それぞれ増やした。光学ドライブも、2層DVD+Rに対応可能な6倍速SuperDrive(DVD+R DL/DVD±RW/CD-RWドライブ)に強化した。

 価格は、CPUに「Core 2 Duo 1.83GHz」を搭載したホワイトモデルが13万9800円、「Core 2 Duo 2.0GHz」を搭載したホワイトモデルは15万9800円、ブラックモデルは17万9800円。