メガソフト(井町良明社長)は11月8日、テキストエディタ「MIFES(マイフェス)」の最新版「MIFES for Windows Ver.8.0(仮称)」のベータ版を公開した。同社サイトから無償でダウンロードできる。

 最新版では、プログラム内部のメモリ構造を改良し、「ファイルの読み込み」「ジャンプ」「検索」などの高速化を実現した。文字コード関連の強化も図り、中国語や韓国語をはじめ、シフトJISにない「Unicode」特有文字の表示、編集、保存にも対応した。

 また、ユーザーアンケートで最も要望が多かった「ファイル比較(diff)」機能の改良も実施。比較した2つのテキストファイルの違う行や挿入行の背景色を変えることで、視覚的に把握できるようにした。比較時に左右または上下にファイルを並べて表示したり、目的のファイルや行にジャンプできる「リストウィンドウ」に結果を一覧表示することも可能。ソースコードやWebページなどの差違部分を見比べながらの編集作業も楽に行える。

 このほか、編集可能なファイルサイズの制限の拡大や、ブックマーク、カスタマイズ機能など200項目を超える機能や使い勝手の改良を行った。対応OSはWindows Vista、XP、2000、Server 2003。

 製品版は07年2月に発売する予定。同社では、ベータ版の評価を製品にフィードバックし、さらなる品質向上と機能アップを目指して開発を進める。また、今回のベータ版ダウンロード時のアンケートに回答しソフトを試用した全員に、メガソフトオンラインショップで製品版を優待価格で購入できるキャンペーンを実施する。