レノボ・ジャパン(天野総太郎社長)は11月8日、デスクトップPC「ThinkCentre Mシリーズ」の新製品3機種と、「ThinkCentre Aシリーズ」の追加モデル「ThinkCentre A53 Small Desktop」を発売した。

 「ThinkCentre Mシリーズ」では全モデルを一新。インテルのデュアルコアCPU「Core 2 Duo」を搭載したモデルもラインアップした。また全モデルに、生産性を高め、TCO削減を実現する独自のソフトウェアツール群「ThinkVantage テクノロジー」、パスワードや暗号キー、電子認証情報など重要な情報を保護し、セキュリティを強化する「ThinkVantage Client Security Solution v7.0」をバンドルした。

 価格は、6.7リッターの省スペースきょう体「Ultra Small Form Factor」を採用した「ThinkCentre M55 Ultra Small」が9万300円から、さまざまなCPUを搭載可能な「ThinkCentre M55 Small」が8万7150円から、高い拡張性を持つタワー型「ThinkCentre M55 Tower」が9万9750円から。

 「ThinkCentre A53 Small Desktop」は、「ThinkCentre E50 Small Desktop」の後継機種で、SiSの新チップセット「SiS662チップセット」を搭載した。「ThinkVantage テクノロジー」にも対応する。価格は7万3500円から。