ソースネクスト(松田憲幸社長)は11月7日、「ホームページ・ビルダー 11」を12月1日に発売すると発表した。ホームページ作成ソフト「ホームページ・ビルダー」の最新版で、ポッドキャスト対応ページを作成できるのが特徴。

 ソースネクスト(松田憲幸社長)は11月7日、「ホームページ・ビルダー 11」を12月1日に発売すると発表した。ホームページ作成ソフト「ホームページ・ビルダー」の最新版で、ポッドキャスト対応ページを作成できるのが特徴。


 「RSSファイル作成」機能を搭載し、ホームページ作成ソフトとして始めてポッドキャスト対応のページが作成できるようになった。配信したい音声ファイルや動画ファイルを用意すればポッドキャスト対応のRSSファイルの作成、編集ページへのRSSリンクの挿入、音声ファイルや動画ファイルのサーバーへの転送が可能。

 上級者向けの「スタイルシート(CSS)」ページ作成にも対応した。15パターン・145種のレイアウト用部品を収録し、ドラッグ&ドロップで簡単にレイアウト作成ができる。また、「スタイルシートマネージャ」機能を搭載し、ページ内の「STYLE要素」と「外部スタイルシート」の設定が簡単にできる。

 初心者向けの機能として、その時点で実行できるメニューをあらかじめ知らせる「新・かんたんナビバー」、リンク先のエラーを検出して修正する「外部リンクチェック」、ファイル転送時のミスを軽減する「無効ファイル名の自動検証」などを搭載した。

 このほか、ホームページを閲覧する人に「優しい」機能として、1クリックで文字の拡大ができる「虫めがねボタン」作成機能、音声ブラウザ対応ページを作成できる機能などを搭載した。対応OSはWindows XP、2000で、次期Windows OS「Windows Vista」にも対応する。

 ラインアップは通常版、バージョンアップ版、学割版、10ライセンス入りのグループパック版のほか、Flash作成ソフトなど5本のソフトを同梱した「ホームページ・ビルダー 11 プレミアムパック」の通常版、バージョンアップ版、学割版の計7タイトル。価格は7300円から。

 開発元の日本IBM(大歳卓麻社長)ソフトウェア事業担当の三浦浩常務執行役員は「『ホームページ・ビルダー』は95年発売以降、個人ユーザーだけではなくSOHOや中堅企業、教育機関、公共機関など幅広いユーザーに愛用されている。今年の11月には累計登録ユーザー数が1000万人を突破した」とアピール。一方ソースネクストの松田社長は「全国の店頭で計1000の専用コーナーを設けたり、イベントを開催したりして出荷本数20万本を目指す」と意気込みを語った。


 また同社では、新バージョン発売を記念して、11月7日から12月6日まで東京・南青山のスパイラル1階のスパイラルガーデンで「ECO(エコ)メッセージ展」を開催すると発表した。「紙がいらない」「ゴミが発生しない」などの理由からホームページを「ECO表現道具」とし、「ホームページ・ビルダー 11」の訴求を図る。入場は無料。

 エコスタイルを実践している有名人にホームページを制作してもらい、会場と同社ホームページ上で公開するといった内容。参加するのは眞鍋かをりさん、サンプラザ・ホメオパス・中野さん、SUGIZOさん、渡辺満里奈さん、中嶋朋子さん、羽仁カンタさん、信藤三雄さんの7人。


 発表会見に登場した眞鍋かをりさんは、「『ホームページ・ビルダー』でホームページを作ってみたけれど、パパッと簡単に、クオリティの高いホームページを作ることができた」と使いやすさをアピール。このほか、サンプラザ・ホメオパス・中野さん、SUGIZOさん、羽仁カンタさん、信藤三雄さんが壇上に上がり、ECOをテーマにした自作のホームページを紹介した。