ロジテック(葉田順治社長)は、USB2.0/1.1対応のプリンタや複合機をネットワーク上で共有できる、双方向通信対応のUSBポート搭載プリントサーバー「LAN-MFPS/U2」を11月上旬に発売する。価格は1万5330円。

 Windowsパソコンが接続されたLAN環境で、USBポートにつないだプリンタや複合機、スキャナを共有できる。複合機のスキャナ機能やカードリーダーの共有も可能。双方向通信に対応しており、プリンタ付属のユーティリティソフトを使うことで、「インクの残量」「紙づまり」などの情報をパソコン側で確認することもできる。

 管理プロトコルはTCP/IPに対応。付属の管理ソフト「MFPサーバユーティリティ」を使えば、ネットワーク経由で設定やステータスの確認ができる。本体にはフラッシュメモリを内蔵しており、将来のバージョンアップにも柔軟に対応できる。対応OSはWindows XP、2000。