ウィルコム(喜久川政樹社長)は11月1日、シャープ製のPDA(携帯情報端末)型PHS端末「W-ZERO3 [es]」の新バージョン「W-ZERO3 [es] Premium version」を11月16日に発売すると発表した。直販サイト「ウィルコムストア」での価格は2万9800円。

 ウィルコム(喜久川政樹社長)は11月1日、シャープ製のPDA(携帯情報端末)型PHS端末「W-ZERO3 [es]」の新バージョン「W-ZERO3 [es] Premium version」を11月16日に発売すると発表した。直販サイト「ウィルコムストア」での価格は2万9800円。

 内蔵カメラで名刺を撮影すると、「会社名」「氏名」「電話番号」「住所」「メールアドレス」などの情報をアドレス帳に登録する「名刺リーダ機能」を搭載。アプリケーションを表示する「ホームメニュー」も装備。PDA型端末を初めて利用するユーザーでも使いやすいようにした。アプリケーションは端末のダイヤルキーからワンタッチで起動することができるほか、並び替えなどのカスタマイズも可能。

 「名刺リーダ機能」と「ホームメニュー」は、「W-ZERO3 [es]」の従来端末ユーザーも利用できるよう、11月下旬から専用サイト「W-ZERO3公式サイト」で「ホームメニュー」はソフトを無料提供、「名刺リーダ」ソフトは販売を行う。

 同時に「W-ZERO3 [es]」で携帯機器向け地上デジタル放送「ワンセグ」が楽しめるピクセラ製の専用ワンセグチューナーも発表した。12月5日に発売する。最大約120分の連続視聴が可能。サイズは幅52.2×高さ87.0mm×厚さ6.8mm、重さは約42g。

 チューナーは、「W-ZERO3 [es] Premium version」とセット販売のほか、オンラインストア「ウィルコムストア」、ウィルコムの販売店、販売代理店で単体でも販売する予定。直販サイトでの価格は「W-ZERO3 [es]」とのセットで3万9800円、チューナー単体は1万4800円。