プリンストンテクノロジー(プリンストン、池田譲治社長)は、アップルコンピュータのMacintoshシリーズ専用のケーブル一体型パソコン切替器「PKV-UUHM」を11月上旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は6500円前後の見込み。

 一組のキーボード、マウス、モニタで、2台のMacを切り替えて操作できる。対応するMacintoshは、USBポートを搭載し、OSにMac OS 9.1-9.2.2か、Mac OS X 10.1.3-10.4を搭載する機種。デスクトップタイプのMac ProやMac miniをはじめ、ノートブックタイプのMacBook Pro、MacBook、PowerBook G4/G3にも対応し、OSの異なる2台のMacを本体のボタンや「ホットキー」で簡単に切り替えられる。

 本体は切替器の設置スペースが要らないケーブル一体型。信号の劣化が少ない高品質なケーブルを採用することで、高画質な表示ができるようにした。最大解像度は2048×1536(リフレッシュレート85Hz)。モニタはミニD-Sub15ピンコネクタ、マウスとキーボードはUSBで接続する。切替器には、iPodやUSBメモリを接続できるUSB2.0ハブも装備。電源はMacのUSBポートから供給する。