東芝は11月1日、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを搭載したHDD内蔵DVDレコーダー「VARDIA RD-E160」を12月上旬に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は7万5000円前後の見込み。

 11月上旬発売予定の「VARDIA RD-E300」のHDD容量を変更し、より手頃な価格で購入できるようにしたモデル。160GBのHDDに、地上デジタル放送のTSモードで最大20時間、地上アナログ放送で最大282時間録画できる。地上・BS・110度CSデジタルチューナーと地上アナログチューナーを1基ずつ搭載し、デジタル放送とアナログ放送の2番組同時録画も行える。

 操作面では、「録画」「視聴」「消去」などがすぐに操作できる「スタートメニュー」、メニュー画面に沿って、ダビング方向や記録モード、タイトルなどを選ぶだけでHDDからDVDへのダビングが簡単にできる「かんたんダビング」機能、画面に沿って設定するだけで、受信設定ができる「はじめての設定」などを搭載。従来のリモコンに加え、キー数を抑えた「シンプルリモコン」も付属し、初心者でも使いやすい設計にした。