NTTドコモは10月31日、一般の人気投票で決めた「キッズケータイ FOMA SA800i」の新色を決定、12月上旬以降に発売すると発表した。

 選出されたのはピンク系とグリーン系の2色。色名は、クリエイティブディレクター佐藤可士和氏のディレクションで「チェリー」「ライム」と決まった。同社では7月1日-31日の間、「FOMA SA800i」の追加色に関する人気投票を5色の候補で実施。1万3000件以上の投票数の中から、上位2色を採用したもの。人気投票による新色の決定は同社初の試み。

 「FOMA SA800i」は同社が3月に発売した「子どもへの配慮と保護」がコンセプトの子ども用携帯電話。「防犯ブザー」や保護者が子どもの居場所を確認できる「イマドコサーチ」などの機能が特徴。デザインでは、子どもを守る・包み込むという意味を込め「繭」をイメージした形を採用した。従来のカラーバリエーション、トリコ、ミント、アクアに、今回の新色が加わる。