東芝ソリューション(梶川茂司社長)は10月31日、携帯電話で記者が原稿を作成・送信できる原稿作成・管理システム「ケータイ記者端末」を11月1日に発売すると発表した。新聞社などをターゲットに販売する。

 システムは記事作成・送信を行う専用ソフトを組み込んだ携帯電話と、記事を受信し、記事や画像、出稿メモ、共同メモなどを管理する新聞社の「素材管理システム」を結ぶ専用サーバーで構成。システムを利用することで、記者は携帯電話でメールを打つ感覚で原稿を作成し、本社などに送信できる。

 携帯電話用ソフトは縦書き表示画面や原稿管理機能をはじめ、主副見出しや編注を保持するためのXML形式フォーマットを使った原稿送信機能、原稿作成用のテンプレート機能、宛先管理機能などを搭載した。

 ソフトは米クアルコムの携帯電話用プラットフォーム「BREW(ブリュー)」上で動作するため、携帯電話は当初は「BREW」を搭載するau(KDDI)の端末を使用する。東芝ソリューションではJavaに対応した専用ソフトの開発も予定しており、実用化されれば、NTTドコモやソフトバンクモバイルでの端末でも利用できるようになる見通し。

 税別価格は専用サーバーが1台150万円から、携帯電話が1台3万円から。