NECは10月30日、大画面液晶一体型デスクトップPC「VALUESTAR W」と直販サイトモデル「VALUESTAR G タイプW」に電源が入らない不具合が発生する可能性があるとして、リコール(無償交換・修理)すると発表した。

 NECは10月30日、大画面液晶一体型デスクトップPC「VALUESTAR W」と直販サイトモデル「VALUESTAR G タイプW」に電源が入らない不具合が発生する可能性があるとして、リコール(無償交換・修理)すると発表した。

 対象となるのは06年1月から06年8月30日までに出荷した「VALUESTAR W」と「VALUESTAR G タイプW」の約1万8500台。対象の型番、製造番号に該当する製品では、電源ユニットの内部回路の不具合により、コンデンサが経時変化し、電源が入らない場合があるという。

 対象商品かどうかの確認と修理はWebと電話窓口で受け付け、対象商品であった場合は、訪問して電源ユニットの交換による修理を2時間ほどで行う。また、7-10日ほど製品を預かっての修理も実施する。

 問い合わせや申し込みは、携帯電話・PHSからも利用可能なフリーダイヤル「0120?671?023」で対応。受付時間は10月30日-11月16日までの毎日、9時-17時。11月17日以降は土・日・祝日を除く9時-17時。