アロシステム(大野三規社長)は、OSに「WindowsXP Media Center Edition 2005」を搭載し、次期Windows OS「Windows Vista(ビスタ)」にアップグレード可能なオリジナルデスクトップPC5機種を10月26日から順次発売する。

 アロシステム(大野三規社長)は、OSに「WindowsXP Media Center Edition 2005」を搭載し、次期Windows OS「Windows Vista(ビスタ)」にアップグレード可能なオリジナルデスクトップPC5機種を10月26日から順次発売する。

 5機種とも、マイクロソフトが展開するOSアップグレードサービス「今なら安心アップグレード」に対応。送料など手数料3150円で「Windows Vista Home Premium」にアップグレードできる。

 「LesanseDT(レサンセデスクトップ)」ブランドでは、ミニタワータイプでCPUにインテルのデュアルコアCPU「Core 2 Duo E6400(2.13GHz)」を搭載した「LesanceDT WMTE6400RAM」、「Core 2 Duo E6300(1.86GHz)搭載の「LesanceDT WMTE6300RAM」、「Pentium D」搭載の「LesanceDT WMT820RAM」と、スリムタイプでCPUに「Celeron D 347(3.06GHz)」を搭載した「LesanceDT WMS347RAM」の計4機種をラインアップ。

 一方、「AmphisValue(アンフィスバリュー)」ブランドでは、高速グラフィックボード「nVidia GeForce7900GS」とインテルのデュアルコアCPU「Core 2 Duo E6600(2.40Hz)」を搭載し、1GBメモリのメモリを装備した「AmphisValue WMTE6600RAM/GF79GS」を販売する。

 価格は、「LesanceDT WMTE6400RAM」が9万9800円、「LesanceDT WMTE6300RAM」が8万4980円、「LesanceDT WMT820RAM」が6万7980円、「LesanceDT WMS347RAM」が5万4980円、「AmphisValue WMTE6600RAM/GF79GS」は13万9980円。いずれもBTOに対応し、テレビチューナーなどの追加も行える。