サードウェーブ(尾崎敏江代表取締役)は10月26日、マイクロソフトのアップグレードサービス「今ならどちらも安心アップグレードプログラム」に対応したPC「安心アップグレードPCシリーズ」を同日から販売すると発表した。

 サードウェーブ(尾崎敏江代表取締役)は10月26日、マイクロソフトのアップグレードサービス「今ならどちらも安心アップグレードプログラム」に対応したPC「安心アップグレードPCシリーズ」を同日から販売すると発表した。

 「今ならどちらも安心アップグレードプログラム」は、次期Windows OS「Windows Vista(ビスタ)」次期Office「the 2007 Microsoft Office System(Office 2007)」への優待アップグレードサービス。サービスに対応した製品を購入したユーザーは優待価格でアップグレードができる。

 サードウェーブは「Vista」のアップグレードに対応できるよう、シリーズ全機種にOSを搭載し、マイクロソフトが推奨するVistaの動作環境に合った性能のCPU、メモリ、HDDを採用して販売する。シリーズは10月26日時点で、デスクトップPC10モデル、ノートPC4モデルをラインアップした。

 シリーズは「安心アップグレードプログラム」にも対応しており、「Vista」発売以降に「Windows Vista Home Premiumアップグレードキット」を3150円で購入することができる。

 サードウェーブでは、運営するPCショップ「ドスパラ」で「ドスパラ Windows VISTA先取りコーナー」と銘打ち、「安心アップグレードPCシリーズ」の体験コーナーを設けた。