マイクロソフト(MS)は10月26日、「Microsoft Windows Vista」(Vista)日本語版と「the 2007 Microsoft Office system」(Office 2007)日本語版のパッケージ構成とそれぞれの参考価格を発表した。

 マイクロソフト(MS)は10月26日、「Microsoft Windows Vista」(Vista)日本語版と「the 2007 Microsoft Office system」(Office 2007)日本語版のパッケージ構成とそれぞれの参考価格を発表した。

 価格はすべてオープン。同社では、現行の「Windows XP」(XP)と「Office 2003」の価格をほぼ踏襲、さらに、税抜き参考価格が1万9800円で、XPからVista Home Premiumへのアップグレード版をホームPCユーザー向けの中核製品として位置づける、としている。

 また同社では、VistaやOffice 2007の発売に向けたポータルサイト「Windows Vista & the 2007 Microsoft Office system Ultimate Times (アルティメット タイムズ)」を同日より公開、最新の製品情報、イベント情報、キャンペーン情報など掲載していく。

 ラインアップと税抜き参考価格は次の通り。まずVistaでは、あらゆるニーズに応え、すべての機能を搭載した最上位の「Windows Vista Ultimate」が4万8800円、同アップグレード版が3万1800円。

 ドメイン参加が必要な中小規模企業やエンタープライズにおけるビジネスユーザー向けの「Windows Vista Business」が3万7800円、同アップグレード版が2万5800円。

 もっとも「Windows Vistaらしさ」を体験できるホームPCユーザー向け主力製品の「Windows Vista Home Premium」が2万9800円、同アップグレード版が1万9800円、同アカデミックアップグレード版が1万7800円。

 基本的なホームPCユーザーのニーズに応えるエントリー製品「Windows Vista Home Basic」が2万5800円、同アップグレード版が1万3800円。

 また、Office 2007では、新たに提供するGrooveを含む最上位パッケージ「Microsoft Office Ultimate 2007」が8万4800円、同アップグレード版が6万7800円、同アカデミック版が3万9800円。収録ソフトは、Excel、Outlook、InterConnect、PowerPoint、Word、Access、InfoPath、Publisher、OneNote、Grooveの10本。

 主に生産性向上ソフトウェアと情報管理ソフトウェアから構成するパッケージ「Microsoft Office Professional 2007」は5万9800円、同アップグレード版が3万7800円、同アカデミック版が3万2800円。収録ソフトは、Excel、Outlook、PowerPoint、Word、Access、Publisherの6本。

 家庭ユーザーや小規模企業向けのパッケージ「Microsoft Office Standard 2007」は5万2800円、同アップグレード版が2万8000円。収録ソフトは、Excel、Outlook、PowerPoint、Wordの4本。

 家庭ユーザー向けの基本パッケージ「Microsoft Office Personal 2007」は4万4800円、同アップグレードが2万1800円。収録ソフトはExcel、Outlook、Wordの3本。