バッファローは、プリンタや複合機をネットワーク経由で利用できる双方向通信対応のUSB接続プリントサーバー「LPV3-U2S」を11月中旬に発売する。価格は1万920円。

 バッファローは、プリンタや複合機をネットワーク経由で利用できる双方向通信対応のUSB接続プリントサーバー「LPV3-U2S」を11月中旬に発売する。価格は1万920円。

 1台のプリンタをLAN上の複数のパソコンで共有できるプリントサーバー。OSがWindows XP、2000では双方向通信が可能で、付属の「LPV3ダイレクト接続マネージャ」を使えば、インク残量のチェックや複合機のスキャナ機能を使用できる。IPP(Internet Printing Protocol)にも対応し、インターネット経由でリモート印刷することもできる。

 初心者でも、TCP/IPなどの難しいネットワーク設定ができるように、簡単設定ユーティリティ「LPV3マネージャ」を付属した。対応プロトコルはTCP/IP(LPRまたはNBT)、NetBEUI、AppleTalk(EtherTalk)。対応OSは、Windows XP/2000/Me/98/95/NT4.0、MacOS 8.6以降、UNIXで、WindowsとMacなど、OSが混在した環境でも利用できる。