ダイソン(鈴木睦身社長)は10月24日、コードレスハンディクリーナー「dyson root 6 DC16(ダイソンルート6 DC16)」を11月1日に発売すると発表した。同社でハンディクリーナーを発売するのは今回が初めて。価格はオープンで、実勢価格は3万2800円前後の見込み。紙パック不要な独自技術を採用し、「吸引力が変わらない」(同社)のが特徴。

 テーブルの上や車の中、デスク回りなど細かい場所の掃除用に開発。紙パックやフィルターを使わない特許技術「ダイソンルートサイクロンテクノロジー」を採用した。高速の遠心力でゴミと空気を分離するため、フィルターの目詰まりがない。吸引力は40Wで、従来のハンディクリーナーの約2倍。

 先端がワンタッチでブラシ付きのツールとして使用できるコンビネーションノズルを採用。またボタン1つで衛生的にゴミが捨てられる。電源はリチウムイオン充電池2個を使用し、約3.5時間の充電で最大5分間利用できる。