オーシャンブリッジ(高山知朗社長)は10月24日、「PowerPoint」ファイル軽量化ソフトの最新版「NXPowerLite(NXパワーライト) 2.4」を発売した。

 「NXPowerLite」は、マイクロソフトの「PowerPoint」で作成したPPT形式のファイルをドラッグ&ドロップするだけで、ファイル容量を最大95%、20分の1に圧縮するソフト。

 PPTファイルを自動的に解析して、貼り付けられている画像やほかのアプリケーションで作成され埋め込まれたオブジェクトも、最適な画像サイズ・データ形式・解像度で圧縮するため、「PowerPoint」ファイルの表示・印刷品質が劣化せずに大幅に軽量化できる。

 圧縮レベルは、「プロジェクタでのプレゼン用に最適化」「印刷用に最適化」など自由に設定が可能。軽量化後のファイルもPPT形式のままで、「PowerPoint」で開いて自由に編集することができる。

 ソフトを利用することで、これまで容量が大き過ぎてメールでは送れなかったPPTファイルを添付して送信できるようになるほか、PCやサーバーのディスク容量を節約もできる。また、重いPPTファイルを編集する時に、「PowerPoint」の動作が軽くなるといったメリットもあるという。

 最新版では、携帯情報端末でPPTファイルを持ち出す時に最適な圧縮モード、圧縮・軽量化後のPPTファイルをワンクリックでメールに添付し送信できる「メールで送信」ボタンの追加、サブフォルダ内を含む指定したフォルダ内ですべてのPPTファイル一括圧縮する機能の強化を図った。

 特に「携帯情報端末用の圧縮モード」では、ウィルコムのPDA(携帯情報端末)型のPHS端末「W-ZERO3シリーズ」、PPTファイルに対応したビューワー機能を搭載した携帯電話など、メモリ容量に制約のある端末でPPTファイルを持ち出す際に適した機能となっている。

 「NXPowerLite 2」の価格は、パッケージ版が9450円、ダウンロード版が8400円。5ライセンスパック、10ライセンスパックや、大規模導入のためのサイトライセンスなども販売する。「NXPowerLite 2」以降のユーザーは、無料で最新版へのアップグレードが可能。オーシャンブリッジでは無料体験版もダウンロード形式で提供する。