ビックカメラは10月24日、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)の同日開始にあわせ、有楽町店本館1階店頭でサービス開始の記念セレモニーを開いた。会場には、ソフトバンクモバイルの孫正義代表執行役社長兼CEOをはじめ、NTTドコモ、KDDI(au)の代表者が出席。各社がMNPへの意気込みや今後の取り組みなどを交えて挨拶を行い、最後にビックカメラの宮嶋宏幸代表取締役社長とともにテープカットをして締めくくった。


 まず挨拶に立ったNTTドコモの熊谷文也取締役執行役員営業本部長は、「MNPは一過性ではなく、これからも続く。FOMAエリアの拡充など、サービスの向上に取り組み、改めて『ドコモ』を選んでいただきたい」と語った。

 次にKDDIの両角寛文取締役執行役員常務 コンシューマ事業統括本部長は、ややトーンを上げて、「auは、(MNPの)制度導入決定以降、2年の月日をかけ、通話品質の改善や端末ラインアップの充実など、周到な準備を進めてきた」と強調。速水もこみち氏をイメージキャラクターに、MNPのメリットを広く周知していきたいと述べた。

 ソフトバンクモバイルからは孫正義社長が出席。また、現在同社のCMに出演している「予想GUY(ガイ)」氏(またの名を「野口五郎」氏)もステージに登場した。同社は前日の23日、同社端末同士での通話料の一部やショートメールを定額にする「予想外割」やNTTドコモやauに真っ向から対抗する料金プランも発表したばかり。セレモニーでも孫社長の発言が注目された。しかし、「これからも新しい予想外を続々と出していきたい」と、サプライズ戦略を続ける意向は示したものの、割引制度や新しいサービス、端末について改めて紹介するにとどまった。


 ビックカメラ有楽町店本館では、同日から10月29日まで、「携帯電話番号ポータビリティ特設コーナー」を設置。各携帯事業者の携帯電話の展示やサービス、料金に関する相談受け付けなどを行う。さらに、同店でMNPを利用したユーザーを対象に、抽選で10人に富士写真フイルムのモバイルプリンタ「Pivi(ピヴィ)」が当たる抽選会を実施する。