ソフトバンクモバイルは10月23日、同社携帯電話のユーザー同士の通話と、250文字までのショートメッセージ送信が無料になる料金プラン「予想外割」を10月26日から開始すると発表した。番号を変えずに携帯電話会社を変えられる「番号継続制度(ナンバーポータビリティー)」の開始直前に新たな料金プランを仕掛けることでドコモ、au(KDDI)からの加入者獲得を狙う。


 「予想外割」は新設した料金プラン「ゴールドプラン」に、キャンペーンの割引サービスを追加したもの。加入後2カ月間は月額基本料金、パケット利用料が無料になる。無料期間終了後も「ゴールドプラン」の月額基本料9600円を70%割り引いた2880円の月額料金で継続して利用できる。申し込みの受け付けは、06年10月26日-07年1月15日までの限定で、1月16日以降も継続して受け付けるかどうかについては未定。また、申し込みには解約の制限がある「新スーパーボーナス」の契約が必要。

 なお、ユーザー間の無料通話については、21時-24時59分までの時間帯の利用に限り上限があり、無料で利用できるのは1カ月200分まで。超過すると30秒ごとに20円の通話料がかかる。また、「予想外割」には月々の通話料や通信料での「無料枠」の設定はない。

 さらに、NTTドコモやauに対抗する料金プランも発表。NTTドコモやauの料金プランや割引サービスと全く同じ内容で、それぞれのプラン、割引サービスを組み合わせた月額料金から、さらに210円を割り引いて提供する、とした。サービス名はNTTドコモの対応プランが「ブループラン」、au対応プランが「オレンジプラン」。2つの対抗料金プランではドコモ、auが追従、対抗値下げを行った場合には「24時間以内」にさらに料金を下げる方針。

 料金プランの発表会で、孫正義社長は「携帯電話の料金体系は複雑で、どこが安いかはわかりづらかった。今回の料金メニューで一番安いのはソフトバンクだとわかり、どこが一番安いかという議論は終わる」と述べた。


 また、「携帯電話会社は儲けすぎ。我々はボーダフォン買収の元本と利息を返済し、そこそこの利益が出れば良く、それ以外はお客さんの利益に還元するのが大切だと思っている」と価格競争を仕掛けた狙いについて述べた。今後はドコモやauの対抗策の動向が注目されるが、この点については「価格競争でもなんでも本気で戦う決意だ」と意気込みを語った。