日立製作所は、同社の法人用ノートPCに搭載したソニー製リチウムイオンバッテリーの自主交換プログラムを10月20日に開始したと発表した。

 まず、対象となっているノートPCが回収対象のバッテリーを搭載しているかについて専用の対応窓口で確認。該当する場合は、そのまま窓口で受け付け、新しいバッテリーをユーザーに送付する。ユーザーは使用していたバッテリーを新しいバッテリー送付時に添付されていた返送用宅配便伝票で日立に返送する。

 専用のバッテリー交換対応窓口は電話、メールで対応。電話番号は「0120-223961(フリーダイヤル)」で、メールアドレスは「b-exch@itg.hitachi.co.jp」。電話の受付時間は06年11月30日までは9:00-19:00、06年12月1日以降は9:00-17:00。

 バッテリー交換の対象機種は「FLORA 210W」の「NL6」「LL1」と「FLORA Se210」の「SL6」「SL7」の2機種4モデル。オプションのFLORA 210WとFLORA Se210用バッテリーパックも含まれる。対象となるバッテリーパックの型番はFLORA 210W用が「PC-AB7330」「PC-AB7340」「PC-AB7350」、FLORA Se210用は「PC-AB7330A」「PC-AB7340A」「PC-AB7350A」。パソコン本体の底面にあるラベルの「形名」と「製番」で確認する。