富士通は10月20日、同社のノートPCに搭載したソニー製リチウムイオン電池の自主交換プログラムを開始したと発表した。

 受付期間は06年10月20日-07年1月末まで。ユーザーが自分のノートPCに搭載しているバッテリーの情報とパソコンの情報をウェブ上で確認し、該当する電池であった場合には交換用のバッテリーを送付。該当バッテリーは同時に回収する。

 ユーザーからの問い合わせは専用の電話窓口で対応する。電話番号は「0120-143-025(フリーダイヤル)」。12月17日までは9-17時で毎日受け付ける。12月18日からは平日のみで受け付け、12月29日-1月3日は対応は行わない。

 バッテリー交換の対象となる機種は、国内販売モデルがFMV-BIBLO LOOX Pシリーズの「P70R」「P70S」、FMV-BIBLO LOOX Tシリーズの「T50M」「T50R」「T50RN」「T50S」「T50SN」「T70M」「T70M/T」「T70MN」「T70R」「T70R/T」「T70RN」「T70S」「T70S/V」「T70SN」、FMV-LIFEBOOKシリーズの「P8210」。海外販売モデルは「LIFEBOOK P1510」など10機種。