エバーグリーンは、PC上級者向けの自己解決製品「上海道場」ブランドとして、PCI接続対応のキャプチャーカード3モデルを10月6日に発売した。同社の直販サイト「上海問屋」で販売する。段位はいずれも「二段」。

 エバーグリーンは、PC上級者向けの自己解決製品「上海道場」ブランドとして、PCI接続対応のキャプチャーカード3モデルを10月6日に発売した。同社の直販サイト「上海問屋」で販売する。段位はいずれも「二段」。

 3モデルとも通常のテレビチューナーのほか、FMチューナーを内蔵し、付属のアンテナを接続することでFM放送を聞くことができる。視聴用専用ソフト(orb)を付属し、外出先からもテレビを見ることができる。このほか、赤外線リモコンも付属する。

 価格はCONEXANT CX23880チップを採用した「VideoMate X200」が5999円、PCの電源オン/オフに対応したタイマースケジュールの設定ができる「VideoMate X500」が7999円、3次元Y/C分離ノイズリダクションによりクリアな画質を実現する「VideoMate X800」が9999円。なお、「X500」と「X800」はCONEXANT CX23883チップを採用した。

 「上海道場」は腕に自信があるPC上級者向けに、マニアックな商品のみを揃えた「自己解決」ブランド。使いこなす難易度を8段階に分け「初段」から「師範代」までの「段位」で表現する。サポートを一切行わなず製品保証は初期不良のみの2週間。製品マニュアルも付属しない。